2016年11月20日 (日)

カマス泳がせ不発

昨日の朝は静浦へ。人が多くてなかなか足が向かないが雨だったので出かけた。強者が集まる静浦なので雨と言えども油断はできないので5時過ぎに堤防に着くようにしたがさほど車はなく楽に停められた。

1479652257520.jpg

この時期になると雨はしんどいが、昨日はそれほど気温が下がらずよかった。また、雨も降ったり止んだりで本降りにはならなかった。堤防左の先端付近に釣り座を構えたが、中央付近をのぞいては人はまばらで泳がせ釣りにはもってこいの状況だった。

1479652257851.jpg

カマスの状況が分からなかったので不安なままサビキで釣りを開始する。はたしてカマスが回遊するのか?しばらくして同じくカマス狙いの人が釣り上げた。それを見てほっとしつつ誘いを掛けるがこちらはなかなか掛からない。やっと掛けたカマスは、鈎の掛かりどころが悪くすぐに弱りそうだ。3匹は釣りたかったが時間がかかり過ぎたので2匹目を掛けたところで泳がせ始める。

1479652258211.jpg

仕掛けを準備しているときに目の前で大きな魚が跳ねた。今日は早く決着がつきそうだなと思いながら、まずは弱りかけたカマスを投入する。しかし、しばらくしてもウキに反応がない。状況を確認するのに回収してみると、もうカマスは息絶えていた。

1479652258559.jpg

カマスを代えて再度投入する。泳がせている間にカマス釣りを続ける。カマスの回遊が終わって釣れる気がしないなと思いながらウキを見ているとスーッと沈んでいく。来たと思いながらラインが出るのを待つがアラームは鳴らない。ウキは沈んだままなので竿を持って合わせてみるが軽い。回収してみるとカマスは瀕死だがかじられたような跡はなかった。そまま再度泳がせるが喰ってくることはなく、カマスが死んだところで納竿した。

まだチャンスはありそうなので、シーズン中に一本は大物を上げたい。

2016年11月 7日 (月)

六目@我入道

先週の土曜は我入道からボートで出船。気温もそほど下がらず、風もなく穏やかな天気に恵まれた。

1478527798642.jpg

最初にアジを釣って泳がせでもしようと考え、朝一はいつもより少し浅目の根の淵あたりにアンカーを降ろした。潮がまったく効いていないためか、このポイントではあたりはおろか餌取りもいない。そうそうに見切りをつけて少し沖のポイントに移動。相変わらず潮は止まった状況が続いてあたりが来ない。

置き竿であたりは来そうもないので少し誘ってみると何かが喰ってきた。引きは弱くアジかなと思ったら小さなカイワリだった。その後、時間をおかずにサバが釣れた。こちらも小さい。

1478527798970.jpg

潮は流れていないけど時合い到来かと思ったがそうはいかず、この後まったくあたりがでない。陽が射してじりじり暑くなる。おにぎりとパンを食べながら満潮後に潮が流れるのを待つ。満潮を大きく過ぎた10時ごろにやっと潮が変わりだした。すると竿先にあたりがでる。足裏サイズだがマダイ。

1478527799318.jpg

そして連続してあたりがでる。先の引きよりも強く、サイズアップしたマダイを夢想する。ボートから身を乗り出し、期待して海の中をのぞきながらハリスを手繰る。しかし残念ながら期待ははずれて良型のクロダイ。

1478527799782.jpg

だんだんと潮が良くなるなか沖上がりの時間がせまっている。ああっ、こんなもんなんだよなぁと思いながら最後の一投でワカシを釣って納竿した。

1478527800158.jpg

2016年10月31日 (月)

午後ソウダ

昨日は午後から静浦へ。朝に雨が降って気温も下がったので人出は少なかろうと予想していたが堤防に着いてみて人の多さに驚いた。潮色は澄んできていて秋が深まっているのを感じる。干潮から上げに変わった後の午後2時ごろから釣り始める。

1477924816437.jpg

南東の風が吹いて右側に糸ふけがでる。潮は逆方向の左に単調に流れていてコンディションは良くない。餌取りがおらず魚っ気が感じられない。ソウダも消えたかと思えたが1時間ほどしてまわりでぽつぽつと上がり始める。しばらくしてこちらのウキも沈む。やはりソウダだった。その後、餌がかじられるようになってそろそろ本命の登場を予感する。しかし、いっこうに鈎掛かりしない。ソウダがもう一本釣れた後は潮が停まってまた魚っ気がなくなる。沖、手前とタナも変えて探ってみたが他の魚が姿を見せることはなかった。ウキが見えなくなった5時に納竿した。

ワラサ、ブリの声も聞こえ出したので、そろそろ泳がせ釣りを始めようと思う。それには早起きをしなくては。

2016年9月20日 (火)

ヒラ、やっとメジ

昨日は朝から静浦へ。連休中行けそうな日を狙っていたが、雨予報で人が少なさそうな日を選んだ。前々日はかなりまとまった雨が降ったので潮の濁りが気になったが予想したほどは濁りは入っていない。ただ、流れ藻にはたびたび泣かされた。

1474379690641.jpg

7時の満潮にむかって潮は左に流れる。少し水温が下がって活性が低いのか、一投目は餌が取られず帰ってくる。魚っ気をあまり感じないまま投げているとウキが沈む。小さな群れが入ったようで、ところどこでソウダが釣れ出す。よく見るとヒラソウダなので久しぶりにクーラーボックスに放り込む。その後もぽつりぽつりとソウダが喰ってくる。巻いてくる途中まで浮かずに来ることもあるが、最後に浮いてきて横走りしてしまう。

ソウダはもういいとは思いつつ、この群れを逃すと釣れない気がして投げ続ける。喰い上がってウキが横になるときはソウダと分かり易いが、その中でスッときれいにウキが沈んだ。引きはこれまでのソウダよりも強い。ひょっとしていいサイズのマダイかもしれないと慎重に引きを確認する。しかしマダイではなさそう。大き目のソウダもあり得そうだが、最近の釣果からメジだろうと思った。そして寄せてみると期待通りメジだった。

1474379691006.jpg

このメジを最後に当たりがなくなった。餌も尽き、雨が降り出す10時に納竿した。この日はマルソウダは少なく4本中3本がヒラソウダだった。

1474379691428.jpg

2016年8月29日 (月)

久々マダイ、尺アジ

昨日は午後から静浦へ。メジが釣れ出したようなので夕まずめのワンポイントを狙って出かけた。3時に堤防に着くと予想よりも風が吹いており、そのせいか堤防上は少し空いている。ほぼいつもの場所に入ったが、周りに遠投する人はいなくなっていた。

1472480809162.jpg

3時半の満潮からの下げで釣りを開始。南東の風でウキはどんどん右に流される。ときどき風が止むとウキが停まるので潮はほぼ流れていない。それでも3投目でウキが沈む。静浦でウキが沈むのを見るのは久しぶりになる。あまりに久しぶりでぎこちない合わせの後にリールを巻いて寄せるも、どれぐらいの重さをかければ良いのか忘れていた。それでもすぐに感覚を思い出して引きを楽しみながら寄せる。最後まで浮かず横走りしないので本命か?と思いきやソウダ。何にしても久しぶりに釣れたのでとりあえずほっとする。

他に餌を撒く人がいないのでカゴに目いっぱいオキアミを詰めて投げ続ける。するとまたウキが沈む。引きの感じが前と同じなのでややぞんざいに寄せたが、堤防際で浮いたのを見て少し驚いた。超久しぶりにまさかのマダイだった。小さい(33㎝)けどここは大事にタモ入れした。

1472480809656.jpg

まったく期待していなかったマダイが釣れて欲が出る。サイズアップを期待して投げ続けるとほどなくしてウキが沈む。引きの強さはほぼ同じでたたく感じはまったくない。ソウダだろうと思って寄せると今度は尺超えのアジ(32㎝)。その後には足裏サイズのマダイ。これは丁寧に鈎をはずしてリリースした。引きが強いので本命かと思ったが最後に浮いて太ったソウダ。そしてまたソウダかと思えば前とほぼ同じサイズの尺アジ。飽きないテンポでウキが沈み久しぶりに気持ちのいい釣りができた。

1472480810046.jpg

2016年8月13日 (土)

タチ空振り

昨日は夕方から静浦へ。こないだ沖釣りで無くしたビシや天秤などを釣具屋で購入したあと3時頃に堤防に着いた。予想はしていたがこの時間でも駐車スペースに空きがない。我入道で少し身体を焼いたあと5時頃にまた行ってみたが状況は変わらないため、やむなく外に車を止めて堤防散策してみる。潮は澄みがちでソウダ、イワシが僅かに釣れている。まだ明るいうちに支度を済ませて日が沈むのを待つ。タチウオ狙いの船団は堤防と淡島の間に陣取っていた。

1471095163955.jpg

ほどほど暗くなったころに釣り始める。餌は去年釣って冷凍しておいたサバだが、どう見ても鮮度が見劣りする。本当はサバかソウダを釣って餌にしたかったが仕方がない。

6時が干潮で潮はほとんど止まった状況で釣りを開始した。反応はなく、潮が動くのを待つしかない。8時前に堤防先端辺りのもさが掛けた気配がした。魚がまったくいない訳ではない。ゆっくり巻いてくるときにあたるこがよくあるが、それもないので数は少なさそう。相変わらず潮が動かないなか8時過ぎに隣の人が1本上げた。しかし後が続かない。9時を過ぎても潮の状況が変わらない。長潮でこの先も期待が持てそうもなく、お腹もすいたので9時半で納竿とした。タチウオはまだまだこれからだ。

2016年8月 9日 (火)

カツオ@御前崎沖

先週の金曜は静浦から出船。沖釣りを始めた頃からいつかは行きたいと思っていたカツオ釣りだ。いい時期はあっというまに過ぎ、これまで何度もタイミングを逸してきた。今回は釣果情報と天気図をずっと追いながら決行日を決めた。出船時間は朝の3時半過ぎで御前崎沖を目指す。

1470668992451.jpg

駿河湾のまん中あたりで陽が昇って見えた富士山。ずいぶん小さくなるほど遠くへ来たようだ。

1470668992784.jpg

6時前にポイントに着くと少し船団ができている。スマホのGPSで確認すると駿河湾を飛び出しているようにも見える。

1470668993207.jpg

そしていよいよ6時から釣り開始。船はカツオの群れを探して突っ走しり、停めてはすぐさま仕掛けを投入。群れが去ればすぐに仕掛けを上げて次の群れを探す。船が停まったらすぐに仕掛けを投入しなければならいので気が抜けない。

1470668993504.jpg

初めての釣りなのでどうなるか心配だったがトラブルもなく6時台で2本釣り上げて気が楽になった。YouTubeを見てイメートレーニングした成果か「喰ったよー!」と大きな声を出してたのは自分ひとりだったかも知れない。7時台も群れ、喰いも悪くなく3本を追加した。右舷の胴にいたが一回走られて左舷の人を巻き込むお祭りを一回やらかした。8時台は群れもそれほど見つからず、仕掛けを落としても喰わない時間が続いた。9時を過ぎてからまた喰い出したが、お祭りに何度か巻き込まれる。そして久しぶりに掛けたと思ったらまさかの高切れ。この後はリズムが崩れてばらしも多くなった。結局、9時台のいい時間には1本も上げられず納竿となってしまった。やや不本意だったが竿頭で7本だったのまずまずだったのかな。

1470668993919.jpg

あとは静浦に帰るだけ。たっぷり時間があったがあまり眠くもならず、ずっと海を眺めていても飽きなかった。堤防を海から間近でみるのは初めてで、こんなところでいつも釣りしているのかと新鮮だった。

1470668994290.jpg

ずっと食べたかった釣りたてのカツオは旨かった。生臭みがまったくなく、お腹いっぱい食べられた。サバに続いてカツオもスーパーで買ったものが食べられなくなったかも知れない。
みな同じような大きさだったので1本だけサイズを測ってみたところ、62㎝、2.7Kgだった。

1470668994666.jpg

1470668995077.jpg

2016年8月 2日 (火)

ウキ沈まず

先週の金曜は会社が休みだったので朝から静浦へ。4時半前に堤防に着いた時には駐車スペースに少し余裕があった。この時期、平日でもいっぱいになってしまうこともあるが釣れていないのだと思わせる。堤防は久しぶりだが、慣れた場所なのでそれほど違和感なくいつもの場所に入る。

1470064101107.jpg

もうかなりの間ウキが沈むのを見ていないので、何でもいいので気持ち良くスパッと沈むところが見たかった。できればサバが何本か釣れることを期待して投げだす。久しぶりだったが意外と思った方向に飛んでくれた。人が多くなくてリラックスできたのも良かった。

1470064101439.jpg

潮はゆるく右に流れて餌取りも多そう。餌取りを避けるためにタナを少し深めにしてみたら、ほぼ底に着いている感じなのかヒイラギが付いて来た。そしてこの日釣れた魚はこれだけ。

1470064101797.jpg

周りでは堤防から30m前後の浅いタナでソウダがぽつりぽつり釣れていた。全体的には静かに時間が流れていた。
帰る前にスマホでモンスターがいるか確認してみたが、さすがに堤防上にはいなかった。ただ、ポケストップがあってアイテムを少しゲットした。この日の収穫はこれだけだった。

2016年7月19日 (火)

ほぼサバ@我入道

昨日は久しぶりに海へ。ソウダの便りも入り、いくら早起きしても朝の静浦は入れる気がしないので我入道から沖に出ることにした。曇りの天気予報も背中を押した。この時期、ぴーかんの中を何時間も海の上で過ごすのも辛い。

1468938359903.jpg

開始は薄曇りで風もなく、釣りのコンディションとしては良好。5時半前に最初の仕掛けを沈める。青物が回っているので朝一から何か来るだろうと考えていたがなかなか渋い。あたりはなく餌取りさえいない。満潮からの下げで潮はいい具合に流れているのに、これだと時合いはいつになるのか不安になる。6時を過ぎたころに仕掛けを回収中に重くなる。海面近くで突っ込み、上がって来たのは予想通りのサバ。新鮮なサバが食べたかったので、とりあえず目的の一目は達成。

1468938360377.jpg

しかし、狙いの本命は近ごろ沖で良かったマダイだ。こませの出し具合、タナをいろいろ探りながらマダイを狙うが当たるのはサバ。祭りになるほど大きな群れではなくぽつぽつあたる。その中で一本だけソウダが混じった。サバのあたりは喰い上がって穂先が浮くがやっと異なるあたりがでる。巻き上げるとタイの引きだ。重さからサイズはそれほど期待できないが、サバ以外が喰ってきたのがうれしい。ただ、上がって来たのは期待したのとは色違い。

1468938360858.jpg

潮が変わったのをきっかけに少し深場にポイントを移動したが、たまにあたるのはサバのみ。潮はいろいろ動いてくれたが最後まで本命は現れず少し早めに起き上がりした。サバはちょっと控えめに8本で打ち止め。

1468938361289.jpg

初めてサバ寿司を作ってみたが、これは予想以上に美味しかった。しめサバに酢飯を載せて押し固めるだけだが、浅目に浸けたサバと酢飯がよく合う。飽きない程度にまた試してみたい。

1468938361680.jpg

2016年6月11日 (土)

夕まずめ喰わず

今朝は久しぶりに早起きして静浦へ。マイムスで餌を買って4時半に港に着くとゲートから出てくる車がある。”ああっー”と思いながら入っていくと待っている車あり、奥からバックして出てくる車ありで車は止められそうもない。他に行くことは考えていなかったので我入道に寄って家に帰った。その12時間後、夕まずめのワンポイント狙いでまた静浦に出かけた。

1465651032603.jpg

北西の風が吹いていて釣りにくいコンディションだがやれないことはないので釣り始める。少し周りを見渡すと、遠投カゴ釣りは自分ひとりしかいなさそう。ほとんど足元でサビキ釣りのようだ。

潮は夏の濁りになって風とともに左に流れている。初めの数投は餌が残ってきたがその後は餌取りの嵐になる。一度だけ噛まれたようだっがた、それ以外は餌取りしか感じられない。足元ではとなりの子供が”サバ祭り”と言いながらサビキでサバっこを楽しんでいる。6時を過ぎたころに潮が速くなって、その後何か来るかと期待したが日没まであたりはでなかった。マダイは秋まで厳しので、当面サバで少しでも癒されたい。

«GW前半、サバっこ